株式投資に失敗し、貯金がゼロに。借金にも手を出してしまい…

シーリーさんは株式投資に失敗し、貯金をどんどん減らしてしまいました。

貯金が完全になくなったことが家族にバレるのを恐れ、借金に手を出してしまいます。

シーリーさんの借金状況

性別 年齢 41歳
職業 会社員 年収 740万円
借入件数 2件 借入総額 245万円
月々の返済額 56,000円

株式投資の失敗がきっかけで借金

借金をしたきっかけは、行っていた株式投資での失敗を取り返すためでした。

日経平均に連動した日経平均先物への投資を行っていましたが、利益がでるどころか、確実に資金が減り、これでは取りかえすことができないと思い、自分のもっていた預貯金を切り崩して、それを元手に取り返すための取引を行いました。

しかし素人が簡単に勝てるほどあまい世界ではありませんでした。結果的に、預貯金を使い切ってしまい、家族にばれるのが怖いということもあり、消費者金融から借金をしました。

最初はそのお金をきりくずした預貯金の補填に使いました。それでもやはりなんとか取り返したいという気持ちが強くなり、結局借金したお金でさらに投資を行い、また損をする。という最悪の循環に陥ってしまいました。

すぐに取り返して返済できると思っていた

最初は少額の借金で、すぐに取り返すことができるだろうという甘い気持ちがありました。負けても次に2倍勝てば取り返すことができるという、ありもしない期待に身をゆだねてしまいました。

途中からは、少し勝って、大きく負けるを繰り返していたこともあり、投資しても損失が膨らむだけというのはうすうす気が付いていました。それでもこれまでの損した分を、なんとか取り返したい気持ちが強く、気がつけば総量規制の年収の1/3にせまる借金となってしまいました。

それでもたまに利益がでて、資産が増える方向に行く時の喜びが忘れられず、投資を続けてしまいました。結局勝ち続けることはできず、負けだしてもなかなか損切りができない状況に陥ってしまい、総量規制の限界まで借金することになってしまいました。

最初に貯金がゼロになったときに株式投資をやめていればよかったのですが…。
たまに勝ったときの快感が忘れられず、借金を増やし続けてしまいました。
株式投資とはいえ、もはやギャンブルに近い状態です。

投資をやめて返済に専念

今はようやく現実をちゃんとみることができるようになり、これまで使っていた売買できる証券会社のアプリも削除することで、かなわない夢(投資で儲ける)からはさめることができました。

今は毎月5~6万円ずつこつこつと返済を行っています。家族にもばれないように、副業(キーワードに対する記事を書いたり、インタビューの録音された会話を文章にするなど)を始め、得られた報酬を、借金の返済にあてています。

現時点で返済完了は約50万円。残り195万円なので20ヶ月位かかります。先は長いけど、確実にプラスになる副業のみで返済を続けようと思います。

今でもテレビで日経平均先物の終値をみるたびに、下がった時に買っておけばよかったと後悔することがあります。

それでも実際に取引をしなくなった自分は成長したのかなと思います。このままがんばってあと2年、完済までがんばります。

総量規制ギリギリまで借金を増やしてしまい、”これ以上借りられない状態”になって、ようやく株式投資をやめることに成功。
もし、総量規制がなかったらもっと借金を増やしていたかも…。

まとめ

年収700万以上のシーリーさんはきっと仕事もできる優秀な方なのでしょう。

そんな優秀な方でも株式投資というギャンブルにも近い性質を持つものに手を出してしまい、総量規制ギリギリまで借金を増やしてしまいました。

年収が700万円以上あるとはいえ、借金200万円は非常に大きな金額です。家族もいるのでしばらくは苦しい生活が続くでしょうね。