夫の借金・妻の借金をなんとかしたい! 適切な対応を徹底解説

夫や妻、生活を共にしている配偶者が借金が抱えていることが発覚! そんな時、どのような行動をとればいいか分かりますか?

借金をしていることを夫や妻に黙っている人は非常に多くいます。発覚した時のショックは大きなものになりますが、そこで間違った対応をとってしまうと、事態を悪化させてしまいます。

夫や妻が借金をしてしまったとき、配偶者としてあなたが取るべき対応や相談場所について解説します。

配偶者に返済義務はある?

まず、法律的な観点から見た場合、ほとんど借金は夫や妻に代わって返済する義務はありません。

保証人になっていなければ、夫や妻の個人的な借り入れは配偶者には何ら責任は及ばないので、肩代わりする必要はないのです。

しかし、自分の意思で肩代わりしてあげるというのも、あなたが取るべき対応としては良くありません。

なぜなら、本人に借金の自覚をさせ、責任をもって弁済させなければ今後も繰り返してしまう恐れが非常に高いから。

借金がどれだけあるか整理したり、返済計画を立てる手伝いをすることで、あくまで補助に務めるのがベストな対応です。

ただし、日常家事債務と呼ばれる以下のような出費のための借金の場合、他方配偶者にも共同で弁済する義務が生じます。

  • 家賃やガス・水道光熱費
  • 被服費など生活に必要不可欠な物品の購入代
  • 病院代(美容整形等は除く)
  • 子どもの教育費
  • etc

上記のような出費は個人的なものではなく、夫婦として家族として生活していくためのものなので、夫婦は連帯して返済する義務が生じます。

借金の性質が個人的なものか、あるいは家族として必要なものなのかという視点で見てみると違いが分かります。

夫や妻の債務整理を進めることはできる?

借金額が大く、自力での返済が難しい場合、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理を行うことで、返済の負担を減らしたり、借金を帳消しにすることができます。

しかし、債務整理は借金をした本人が自分の意思で進めなければいけません。

あなたが夫や妻のために債務整理の手続きを行うことは難しいですし、弁護士など専門家の支援を受けようとしても、本人である債務者が借金の様々な情報を開示し、債務整理契約の当事者とならなければいけません。

債務者本人を説得してやる気を出させなければ前に進まないのが、夫婦間の借金問題で非常に厄介な点です。

借金減額診断というのがあるので、まずは診断だけでも進めるのもよいでしょう。

街角相談所の借金減額シュミレーター【無料・匿名可・住所不要】

2017.12.09

夫や妻の借金癖を治すには?

借金は癖になりやすく、貯金などを切り崩してなんとか完済したのに、裏でまた借金を作っていたというケースも珍しくありません。

まずは収入をすべて管理しましょう。必要最低限のお金以外は渡してはいけません。

徹底するなら身分証明書も預かってください。身分証明書があるとそれだけで消費者金融からお金を借りることができます。

諸々の手続きで不便な点はあるかもしれませんが、借金をした本人が悪いのです。自戒の意味も込めて不便を受けて入れてもらいます。

債務整理後は審査に通らなくなる

債務整理をすると消費者金融やカードローンの審査には確実に通らなくなります。絶対にお金を借りられない状況は、確実に借金癖を治してくれます。

知人・友人に注意

消費者金融やカードローンから借りられなくなっても、知人や友人に借りることはできてしまいます。

交友関係を遮断することは難しいですが、家庭の外に迷惑をかけるのは言語道断です。できれば配偶者の知人・友人とは顔見知りになることをオススメします。

知人・友人も配偶者の顔を知っているとお金を貸すことに躊躇するはずです。

配偶者の両親に相談

人はいくつになっても親に怒られるのは堪えるものです。

もし、配偶者の借金癖が酷い場合は躊躇なく義理の親に相談してください。必ず目を光らせてくれるはずです。

言葉は悪いですが、一度絶望を味わせるのが…ベストです。

まとめ

他人の借金は自分の借金より厄介です。ましてや、それが夫や妻となれば…

今後の夫婦生活を維持したいなら、心を鬼にして借金癖を取り除きましょう。

借金額が大きく自力で返済が難しい場合は、債務整理などの公的な手続きも視野にいれなくてはいけません。

債務整理を行えば借金を減額することも可能です。借金額や件数を入力するだけの無料診断もあります↓↓

街角相談所の借金減額シュミレーター【無料・匿名可・住所不要】

2017.12.09