遠距離恋愛の費用のために200万円の借金を背負ってしまった

花火さんは遠距離恋愛の彼氏に会うために200万円近くの借金を背負ってしまいました。

自分の預金を引き出す感覚で、借金を繰り返してしまい…

花火さんの借金状況

性別 年齢 37歳
職業 介護師 年収 200万円
借入件数 4件 借入総額 190万円
月々の返済額 50,000円

遠距離恋愛の費用のために借り入れ

初めて借りたのは22歳の時でした。
当時私には遠距離していた彼がいました。新幹線で2時間の距離です。

彼は年下でまだ美容師の専門学校に通っていたのですが、私自身も専門学校を卒業し働き始めたばかりだったので、自由に使えるお金もあまりありませんでした。

それでも彼に会いたくて新幹線に乗り会いに行き、当然の事のように食事代などの支払いは私が払っていました。

そんな時、目立つ看板を見つけたんです。お金を貸してくれるとテレビのCMで見たことがあったけど、実際に入るのは初めてだったので凄く緊張しました。正直怖さもありました。だけど彼と一緒に居たいから、どうしてもお金がほしかったんです。誰かに見られないか気になり、挙動不審になっていたと思います。

ですが、お金は思っていた以上に凄く簡単に借りる事が出来ました。免許証だけ提示して審査も時間がかからずに大金を手にしてしまいました。

自分のお金じゃないのに何故か気が大きくなって、彼にもいろんな物を買ってあげました。不思議と、自分はお金持ちなんだと錯覚してしまうんです。

銀行のATMからお金を下ろす感覚になってしまうのが、キャッシングの怖い点。
気づいたときには自分の預金とキャッシングの残高の区別が付かなくなってしまうのです。

返済と借り入れの繰り返し

月に1度の返済の日は、毎月の決まった最低限の額を返済してもまたすぐ借りてしまうので減る事はなく、逆に、簡単にお金を借りられる事を知ってしまった私はまた違う所からお金を借りてしまいます。限度額いっぱいまで借りて彼に会いに行き、貢いで帰ってくる事の繰り返しでした。

流石に借入額が100万を超えた頃迷いもありましたが、彼に会うとすぐにそんな事を忘れてしまうんです。頑張って働いて稼いだお金も、金融会社から借りたお金も、全て彼の為に使っていたんです。

恋は盲目とは言いますが、そこに借金が絡んでしまい悲惨な状況に。
彼は彼女の金遣いの荒さに何も感じなかったのでしょうか…。

彼氏に振られて現実を見る

彼から別れを告げられた時は悲しくてお金のことなんて考えませんでしたが、気持ちが落ち着いた時に1番最初にどうしようと思ったのが借金の事でした。

すでに4社から200万近く借りていて、毎月の返済も大変になっていました。罵声を浴びせられるのを覚悟して親に頭を下げて200万円お金を借り、親に返済していく事にしました。

利子を払わなくて良いというだけでもありがたかったですし、何より、あのままカードを持っていたらまた使ってしまいそうな自分がいたんです。それだけは避けたかったし、過去にやってきた事に対して本当に後悔していました。

返済が終わるまで給料は全額親へ渡し、そこから幾らか小遣いを貰う形にして2年かからずに返し終わりました。

まとめ

年収とほぼ同じ金額の借金を背負ってしまった花火さん。

それまでの行動は褒められたものではありませんが、最後は親に借りて返済することに。この判断は大正解ですね。