アコム・プロミス・ソニー銀行の3社から次々に借り入れしまい…

ニコルさんはまずアコムから借り入れを行ない、プロミス・ソニー銀行と次々借金を増やしてしまいます。

今は借入総額が年収の1/3を上回っており、返済の不安に襲われる日々を送っているのです。

ニコルさんの借金状況

性別 年齢 39歳
職業 派遣社員 年収 280万円
借入件数 3件 借入総額 110万円
月々の返済額 32,000円

生活費・家賃が足りなくなり、消費者金融に手を出す

私は元々は、6年前まで大手企業の正社員として就業していたので年収も結構もらっており、その頃は借金とは無縁の生活を送っていました。

状況が変わったのはその会社を辞めた時です。
その会社の退職理由は若手社員のやり方が気に入らなかったから、という幼稚な理由。

リストラされた訳でもなく、左遷させられた訳でもないので、今となってはその会社を辞めた事を非常に後悔しています。

退職後暫くは貯金がまだ残っていたのですが、やがて生活費が足りなくなり家賃も滞納してしまい、思い切って消費者金融からお金を借りる決心をしました。

借金をするためにすぐに採用してくれるであろう単価の安い派遣の仕事を始めました。そのおかげでアコムに申し込んで10万借りる事が出来ました。

「借金をするために派遣の仕事を始めた」という点に危機感を感じますね…。
安定した仕事のついて借金をしないという発想はなかったんでしょうか。

2社目にプロミスを選択

その半年後、またお金が必要になったため、アコムに増額を申し込みましたが断られてしまい…。
次はプロミスに申し込み、5万借りる事が出来ました。

本当は10万は必要でしたが、勤続年数が短いのが原因だというのは明らかだったので、次のチャンスを待つ事に。
その後、自動でアコムが増額され、30万の融資枠が出来ました。

これもすぐに限度額いっぱいまで借り入れてしまいました。
さらにその数カ月後、プロミスで増額の案内があり、一気に100万の融資枠が。

この時は正直、お金に困っていなかったのですが、もしもの時の為にという意味も込めて融資枠を用意しておくことに。

その時は、ようやく仕事も安定してきたので、新たな借り入れに困っていることはなかったのですが、衝動買いを久し振りにしてしまい、融資枠を全部使い切ってしまいました。

アコムは解約はしていないので、カードは持っており、いざ必要になった時の為に備えていたのですが、職を転々としていたツケが回ってきて、経済的にピンチになり、一度は完済したアコムからも再度20万の借入をしてしまいました。

融資枠=預金額、と勘違いしていることが読み取れます。
「借金はしない」と意思の強さに頼るのではなく、「借金ができない状況」に持っていくべきです。

在籍確認が取れず、アコムが強制停止

後日、残りの10万を借入しようとしたら、どういう訳か借入が強制停止されていました。

理由を確認する為に、アコムに電話したところ、アコムは定期的に在籍確認の電話を登録している勤務先に連絡しており、在籍の確認が取れなかった為、融資を止めたとの回答がありました。

その時は、焦りましたが、単発のアルバイトをして何とかしのぎました。

3社目はソニー銀行

その1年後、さらに借入が必要となり、ソニー銀行から新規で10万円借入を行いました。

ソニー銀行に借入を申し込んだのが2016年の夏なので、まだ2年は経過してませんが、この2年の間に転職を繰り返したのがいけなかったのだと思います。

増額申請を3回くらいしましたが、一度も通りませんでした。

こうして、現在の借入額は3社で110万円、返済額は月に32,000円。
仕事も中々安定しないので、きちんと返せるか不安な日々を過ごしております。

まとめ

ニコルさんは借金をすることを安易に考えている傾向がありますね。

仕事も安定せず転々としているようなので、まずは借金云々ではなく、仕事を安定させることを第一に考えてほしいです。